bycle(バイクル)

パーツ

使用中最も気になるのがバッテリーの残量だと思います。

バイクル製品では、デジタルメーターのバッテリーインジケーターで残量の確認が可能です。

 

bycle P3およびL6では4つ、Z4では5つの目盛りで残量が表示されます。

 

バッテリー残量は負荷のかかっていない状態(走行していない状態)での表示が正確な残量となります。

そのため、走行中は実際の残量よりも少なく表示されることがあります。

 

例:走行中3目盛りになったが、信号待ちで停車したら4目盛りに戻った、など

 

bycle P3、bycle L6メーター

 

bycle Z4メーター

 

なお、バイクル製品は継ぎ足し充電を推奨しており、それぞれ3目盛り以下になりましたら、出来るだけ充電をするようお願いいたします。

車台番号は、車両を特定するための固有の情報をコード化したもので、ナンバープレート取得時や自賠責保険加入時に必要です。

そのほか、部品の注文時やアフターサービスを受ける際にも必要となります。

 

修理、整備などのご相談の際には、車名および車台番号の内容を正確にご連絡ください。

 

車台番号は、矢印の箇所に刻印されています。

例:BYC-F120G-F1600000000

 

bycle P3、L6

 

 

bycle Z4

L6のバッテリーの取り外し方について説明いたします。

 

 

L6は足元のステップボードにバッテリーが搭載されており、電源を入れるものと同じキーでステップボードのロックを解除します。

解除後、キーをそのまま引っ張るとステップボードのフタが外れて、バッテリーを取り外すことができます。

 

この時、キーを回し切ってしまうとステップボードの鍵穴からキーが抜けてフタを開けられないことがあります。

フタを開ける時はキーを180度回し切るのではなく、少し手前で止めて引っ張るようにしてください。

そうするとキーが引っかかり、フタを簡単に取り外すことができます。

 

 

 

bycle P3s、L6s、Z4には充電機能付きスマートフォンホルダーが標準装備されています。(2018年1月22日受注分以降)

スマートフォンの地図アプリを見ながら運転する人が多いかと思いますので、ぜひご活用ください。

 

このスマートフォンホルダーの使い方はとてもシンプルです。

まず、右下にあるサイドフレーム展開ボタンを押してサイドフレームを広げます。

 

底フレームを立てます。

 

スマートフォンをホルダーに設置し、サイドフレームを狭めて固定します。

 

また、USPポートがありますので、スマートフォンを充電しながら走行することが可能です。

 

なお、くれぐれもよそ見運転には気を付けてくださいますようお願いいたします。

スマートフォンを操作する時は、安全な場所に停車し、バイクルの電源を切ってから操作するようお気をつけください。

業務用としても活躍中のbycle(バイクル)Z4。

様々な用途に使っていただけるよう各種オプションパーツを用意しています。

 

荷物を入れるリアボックス

 

食品を温かいまま運べる電気ヒーター付きリアボックス

 

揺れに弱い食べ物などを運ぶおかもち

 

雪道走行を可能にするタイヤチェーン

 

ウィンドシールド

 

この他にも最近ニーズが高まっているドライブレコーダー(GPSつき)やグリップヒーター、車では一般的なリモコンキーなどを開発中です。

今後もお客様のご要望を満たすベストなバイクを提案していきます。

リチウムバッテリーを長持ちさせる使い方をご説明します。

リチウムバッテリーを長持ちさせる方法

日々使用される中では、0%まで使い切るのではなく、30~70%になったら都度充電することをおすすめします。
バッテリー目盛りで言うと、5目盛り中3、4目盛りになった時が充電タイミングとなります。

 

また、「過充電」と「過放電」を避けてください。

 

過充電とは、フル充電された後もバッテリーを充電し続けることです。
充電を続けるとバッテリーの劣化が早まります。

 

過放電とは、バッテリー残量が0%のまま長期間放置しておくことで発生する現象です。
過放電状態になると充電することができなくなることがあります。

 

2週間以上使用せずに長期間保管する場合は、バッテリー残量を50~65%にして保管することを推奨いたします。
保管は5℃~40℃の環境での保管をお願いします。
気温が高すぎたり、低すぎる環境での保管はバッテリーの劣化が早まるためです。

 

また、目安として2ヶ月に1回の充電を推奨しています。

 

リチウムバッテリーの使用最適環境は10℃~30℃です。
なので、40℃以上の高温下での使用も、バッテリー劣化を早めてしまうため推奨できません。