bycle(バイクル)

月別: 2018年1月

L6のバッテリーの取り外し方について説明いたします。

 

 

L6は足元のステップボードにバッテリーが搭載されており、電源を入れるものと同じキーでステップボードのロックを解除します。

解除後、キーをそのまま引っ張るとステップボードのフタが外れて、バッテリーを取り外すことができます。

 

この時、キーを回し切ってしまうとステップボードの鍵穴からキーが抜けてフタを開けられないことがあります。

フタを開ける時はキーを180度回し切るのではなく、少し手前で止めて引っ張るようにしてください。

そうするとキーが引っかかり、フタを簡単に取り外すことができます。

 

 

 

bycle P3s、L6s、Z4には充電機能付きスマートフォンホルダーが標準装備されています。(2018年1月22日受注分以降)

スマートフォンの地図アプリを見ながら運転する人が多いかと思いますので、ぜひご活用ください。

 

このスマートフォンホルダーの使い方はとてもシンプルです。

まず、右下にあるサイドフレーム展開ボタンを押してサイドフレームを広げます。

 

底フレームを立てます。

 

スマートフォンをホルダーに設置し、サイドフレームを狭めて固定します。

 

また、USPポートがありますので、スマートフォンを充電しながら走行することが可能です。

 

なお、くれぐれもよそ見運転には気を付けてくださいますようお願いいたします。

スマートフォンを操作する時は、安全な場所に停車し、バイクルの電源を切ってから操作するようお気をつけください。

人気車種 “bycle P3” と “bycle L6” を新たな価格でご提供することになりましたので、ご報告いたします。

 

 

 

 

これまで、両車種とも138,000円(税別)にて販売してまいりましたが、2018年1月22日受注分より下記の通り価格を改定いたします。

それぞれ、”bycle P3s” “bycle L6s”として、従来別売りでありましたリアボックスをつけ、また新たにスマートフォンホルダーと業界初となる搭乗者傷害保険を標準装備しています。

 

商品名:電動スクーター bycle P3(バイクル P3)

旧希望小売価格:138,000円(税別) ※リアボックス3,800円(税別)別売り

商品名:電動スクーター bycle P3s(バイクルP3s)

新希望小売価格:148,000円(税別) ※リアボックス、スマートフォンホルダー、搭乗者傷害保険1年間つき

 

商品名:電動スクーター bycle L6(バイクル L6)

旧希望小売価格:138,000円(税別) ※リアボックス3,800円(税別)別売り

商品名:電動スクーター bycle P6s(バイクルL6s)

新希望小売価格:148,000円(税別) ※リアボックス、スマートフォンホルダー、搭乗者傷害保険1年間つき

 

搭乗者傷害保険の詳細につきましては、以下のページからご確認ください。

>搭乗者傷害保険

 

リアボックス

 

スマートフォンホルダー