bycle(バイクル)

ニュース

二輪車用駐輪場の不足問題について

  • 2016.11.15

%e9%a7%90%e8%bc%aa%e5%a0%b4

%e9%a7%90%e8%bc%aa%e5%a0%b42

 

こんにちは。

バイクル広報の川瀬です。

 

今回は、ちょっとした問題提起②として、「二輪車用駐輪場の不足」に関してのお話しです。

 

車に乗っている際、街中を歩いている際、四輪車専用の駐車場やコインパーキングは容易に見つけることができます。また、自転車用の駐輪場についても同様で、駅前などには公営の駐輪場がきちんと整備されています。たとえ、土地勘のない場所に行ったとしても、駐車場や自転車駐輪場は苦労なく見つけることができます。

 

しかし、駐車場、自転車駐輪場と比較すると、二輪車(バイク)用駐輪場は少ないです。特に125ccまでの二輪車の駐輪場については、比較的需要が高いのにもかかわらず、駐輪場設置箇所数も収容可能台数も少なく、十分にありません。結果として、違法駐車になり、歩行者等の通行の妨げにもなります。

 

違法駐車の減少や二輪車普及のためには駐輪場の整備も必須です。

例えば、以下のような対策が考えられます。

・四輪車用駐車場や、コインパーキング、自転車駐輪場の一部を二輪車用駐輪場にする。

・(ヨーロッパの都市では一般的な)路上駐車スペースを確保する。

 

違法駐車・放置車輌の減少、交通安全のために、国・自治体だけでなく、企業・民間も一丸となった二輪車用駐輪場の整備促進が必要です。

 

どんな乗り物に乗っている人でも、平等に快適な乗り物Lifeが送れる世の中になるといいいですね。