bycle(バイクル)

月別: 2016年11月

img_19081

今日は横浜市役所の方々が、打ち合わせにいらっしゃいました。

bycleを知って頂くには試乗していただくのが一番!
市役所のみなさまにもbycleに乗っていただき、bycleを体感していただきました。

ありがとうございます。

新店舗はコチラ↓
横浜市中区山下町223-1 NU関内ビル
https://goo.gl/maps/QBgrpFiiLZ92

 img_19091

%e9%a7%90%e8%bc%aa%e5%a0%b4

%e9%a7%90%e8%bc%aa%e5%a0%b42

 

こんにちは。

バイクル広報の川瀬です。

 

今回は、ちょっとした問題提起②として、「二輪車用駐輪場の不足」に関してのお話しです。

 

車に乗っている際、街中を歩いている際、四輪車専用の駐車場やコインパーキングは容易に見つけることができます。また、自転車用の駐輪場についても同様で、駅前などには公営の駐輪場がきちんと整備されています。たとえ、土地勘のない場所に行ったとしても、駐車場や自転車駐輪場は苦労なく見つけることができます。

 

しかし、駐車場、自転車駐輪場と比較すると、二輪車(バイク)用駐輪場は少ないです。特に125ccまでの二輪車の駐輪場については、比較的需要が高いのにもかかわらず、駐輪場設置箇所数も収容可能台数も少なく、十分にありません。結果として、違法駐車になり、歩行者等の通行の妨げにもなります。

 

違法駐車の減少や二輪車普及のためには駐輪場の整備も必須です。

例えば、以下のような対策が考えられます。

・四輪車用駐車場や、コインパーキング、自転車駐輪場の一部を二輪車用駐輪場にする。

・(ヨーロッパの都市では一般的な)路上駐車スペースを確保する。

 

違法駐車・放置車輌の減少、交通安全のために、国・自治体だけでなく、企業・民間も一丸となった二輪車用駐輪場の整備促進が必要です。

 

どんな乗り物に乗っている人でも、平等に快適な乗り物Lifeが送れる世の中になるといいいですね。

弊社は、平成28年11月14日より本社及びバイクル直営店を横浜市内の関内駅近くに移転することとなりました。

 

これに伴い、バイクル横浜反町1号店は、11月6日をもって閉店いたしました。

 

新しいバイクル直営店(バイクル横浜関内店)は、横浜スタジアム(横浜公園)や横浜中華街に至近の、賑やかな地域にありますので、ぜひお気軽にお立ち寄りくださいませ。

 

これを機に、より一層の精進に努め、皆様のご期待にお応えして参りたいと存じますので今後とも倍旧のご支援・ご鞭撻を賜わりますようよろしくお願い申し上げます。

 

バイクル株式会社 社員一同

 

▼新住所はコチラ!

nu%e9%96%a2%e5%86%85%e3%83%93%e3%83%ab%e5%9c%b0%e5%9b%b3

〒231-0023

横浜市中区山下町223-1 NU関内ビル1階

電話: 045-263-8195

FAX: 045-263-8156

※14日(月)以降のお電話は新電話番号へおかけください。

 

nu%e9%96%a2%e5%86%85%e5%a4%96%e8%a6%b3-615px←社屋ビルの外観です。

%e7%b5%84%e3%81%bf%e7%ab%8b%e3%81%a6%e3%81%9a

こんにちは。

広報の川瀬です。

 

今回は「バイクルのメンテナンス」についてのお話です。

 

バイクルのご購入を検討されている方からよく受ける質問があります。それは「メンテナンスはどうしたら良いの?」ということです。

 

バイクルは安全・安心に配慮した設計をしている乗り物です。私たちは、設計や構造だけではなく、購入後のメンテナンスにおいても、購入者のみなさんに「安心」を感じてもらえるように考えています。また、お客様一人一人への対応を丁寧に、満足いただけるサービス提供を心がけています。

 

バイクルの部品数はガソリン車と比較すると少なく、構造も単純です。そのため、万が一車体に不具合があったとしても、「修理」ではなく「部品交換」をすれば直ります。お客様の中では、「まちの自転車屋さんで直してもらいました。」という方や、「電気屋さんでも対応してくれた!」という方、「自分で交換して直せた!」という方もいらっしゃいます。このように私たちは、ご購入いただいた方へのフォローアップなどお客様に少しでも安心していただけるように心がけています。今後、バイクル専門のアフターサービス網をさらに充実させて参ります。

 

製造メーカーを身近に感じることができる「バイクル」。

そんな安心を提供できる乗り物はいかがでしょう?